個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)

個人情報保護方針

一般社団法人 ジェネティクス北海道(以下「当団」といいます。)は、事業活動を行っていく上で、個人情報の保護が重要な課題であると認識しています。このため、当団は以下の方針を制定し全役職員等に周知徹底し、確実に実行いたします。

1. 当団は、個人情報を適正に取扱うために、個人情報の保護に関する法律(以下、法といいます。)、その他個人情報に関する関係諸法令および農林水産省等のガイドラインに定められた義務を誠実に遵守します。
なお、個人情報とは、法第2条第1項に規定する、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別できるものをいい、以下同様とします。

2. 当団は利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめ、ご本人の同意を得た場合および法令により例外として取扱われるべき場合を除き、その利用目的の範囲内でのみ個人情報を取扱います。
ご本人とは、個人情報によって識別される特定の個人をいい、以下同様とします。

3. 当団は、個人情報を取得する際、適正な手段で取得するものとし、利用目的を、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ公表するか、取得後速やかにご本人に通知または公表します。 ただし、お客様ご本人から書面で直接取得する場合には、あらかじめ明示します。

4. 当団は取扱う個人データを利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、また安全管理のために必要・適切な措置を講じ、役職員等および委託先を適正に監督します。 なお、個人データとは、法が規定する、個人情報データベース等を構成する個人情報をいい、以下同様とします。

5. 当団は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人データを第三者に提供しません。

6. 当団は、保有個人データについて、法令に基づきご本人からの開示、訂正等に応じます。 なお、保有個人データとは、法が規定する、当団が開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する個人データをいいます。

7. 当団は、取扱う個人情報につき、ご本人からの苦情に対し迅速かつ適切に取り組み、そのための内部体制の整備に努めます。

8. 当団は、取扱う個人情報について、適正な内部監査を実施するなどして、本保護方針の継続的な改善に努めます。

平成20年6月26日
一般社団法人 ジェネティクス北海道
理事長 内田 和幸

個人情報に関するお問合せ先 : 一般社団法人 ジェネティクス北海道 総務部総務課 TEL:011-242-9644

 

業務内容と利用目的について

当団の業務内容と個人情報保護方針に基づく個人情報の利用目的は次のとおりです。

○ 業 務 内 容

1. 種畜の確保、家畜人工授精用精液の採取・処理・頒布・受入及び保管に関する業務
2. 家畜の資質・能力に関する指導奨励業務
3. 家畜改良及び増殖に関する調査・試験・研究業務
4. 家畜人工授精師の教育訓練に関する業務
5. その他当団の目的を達成するために必要な業務

○ 利 用 目 的

1. 計画交配による候補種雄牛を作出し、後代検定により優秀種雄牛を選抜するため
2. 人工授精用精液及び受精卵を生産・購入・配布するため
3. 家畜の能力検定の取りまとめを行なうため
4. 家畜の改良に関する調査研究と普及を図るため
5. 家畜人工授精及び家畜受精卵移植技術の向上のため
6. 当団が行なう業務に関連して個人情報(住所、氏名等)を電子情報等で第三者に提供するため
なお、 第三者への提供の停止をお求めの方は、当団へお申し出ください。

平成20年6月26日
一般社団法人 ジェネティクス北海道
理事長 内田 和幸

個人情報に関するお問合せ先 : 一般社団法人 ジェネティクス北海道 総務部総務課 TEL:011-242-9644