家畜凍結精液取扱いマニュアル【性選別精液】

性選別精液「GH-X」「GH-Y」

line

 

ジェネティクス北海道(GH)の性選別精液は、フローサイトメーターとセルソーターという特殊な機械を使用し、X精子(メスになるX染色体をもつ精子)とY精子(オスになるY染色体をもつ精子)のいずれかを90%以上の正確度で選別分取して生産されています。その製品をそれぞれ「GH-X(ジーエイチ・エックス)」「GH-Y(ジーエイチ・ワイ)」と名付け、平成19年春から販売しております。

GH-XにはX精子(GH-YはY精子)が90%以上入っており、産子の調査でも90%以上の確率で雌雄の産み分けが確認されています。メスまたはオス子牛を100%保証するものではありません。

当団性選別精液は米国XY LLCの技術ライセンスにより製造されています。 

 


当団性選別精液の使用用途(エンドユーザーライセンス)につきまして

 

  1. ジェネティクス北海道(GH)が製造販売する牛性選別精液は、米国とのライセンス契約に基づき、人工授精用途に自由にお使いいただくことができます。過剰排卵処置牛への人工授精 (=GHの性選別精液を利用しての自家採卵)も同様です。
  2. ただし販売目的の胚(受精卵)作製には別途契約が必要となりますので、事前にジェネティクス北海道までお問い合わせください。
  3. 性選別精液の利用目的が「体外受精・顕微授精」である場合、お売りすることができません。ただしGHが提供するOPU-体外受精サービスにおいては利用可能です。

「GH-X」「GH-Y」のストローの構成について

GH−X、GH-Yのストローは、下図のとおり空気層をはさんだ2層構造です。

ストローのシール側(カットする側)の層に精液が入っています。この方式により、ストロー内の精子を確実に注入することができます。

 

  • この構成は平成23年8月2日生産分からとなります。流通するストローに2層構造と従来の構造(空気層のないもの)が混在しますことをご了承ください。
  • ストローのシール端に精液層が移動している場合は、カットする前に軽く振り落としてかまいません
  • 融解方法については「牛凍結精液の融解」をご参照ください。

PDFファイルでご覧いただけます。